診療案内
トップページ > 口腔外科

口腔外科

おにむら歯科は口腔外科を専門に扱っております。

口腔外科とは、口腔、顎(がく:あご)、顔面ならびにその隣接組織に現れる先天性および後天性の疾患を扱う診療科目です。

当院では親知らずの抜歯、小手術、顎関節症など様々な口腔内の外科治療を専門に扱っております。

また口腔外科の診療範囲としては、交通事故やスポーツなどの外傷、顎変形症ならびに唾液腺疾患などの外科的疾患のほかにも、口腔粘膜疾患、神経性疾患、口臭症などの内科的疾患も含まれます。
口腔の疾患として、食事や発音・会話がうまくできないなどの機能的な障害に加えて審美的な障害も生じます。
治療により口腔・顎・顔面全体の自然な形態や機能が回復すると、顔全体がいきいきとし、健康的な美しさを取り戻すことができます。
そのお手伝いをするのが口腔外科です。

顎関節症(がくかんせつしょう)

・口を開け閉めする時にカックンというような音がする。
・食べ物を噛む時に痛みや異常を感じる。
・口が開けにくくなったり、口の開閉をスムーズに行うことができない。
・頭痛、首や肩の痛みがある。

これらの症状がある場合、顎関節症の可能性があります。

原因はいろいろ考えられますが、上下の歯の噛み合わせの異常による場合が多いようです。
また精神的緊張やストレスがあごの周りの筋肉を緊張させ噛み合わせがアンバラスになり、無理な力が関節にかかり顎関節に負担をかけることもあります。
歯ぎしりも顎の関節に大きな負担をかけます。

顎関節症の治療法

噛み合わせを治すことが一番重要です。
スプリント(マウスピース)を使用して、筋肉の緊張をほぐし、症状を改善することができます。

口の粘膜の痛み

口腔カンジダ症

おもにカンジダ・アルビカンスという真菌(カビ)によっておこる感染症です。口腔粘膜の痛みや味覚に障害が出ることもあります。
抗真菌薬のうがい薬や塗り薬を使います。

扁平苔癬(へんぺいたいせん)

皮膚や粘膜にできる、角化性で炎症をともなう難治性の病変です。口の中では頬粘膜(きょうねんまく)や舌、さらに口唇(こうしん)にもできやすく、白いレース状の白斑と赤みがみられるのが特徴です。しばしばびらんや潰瘍(かいよう)を形成し、接触痛があったり、食べ物がしみたりします。ごく稀ですが、癌になることがあります。

【原因】

不明のことが多いですが、歯科用の金属に対するアレルギー、お口の中の炎症、ストレス、喫煙、薬剤アレルギーさらに代謝障害などの関与が考えられています。

【治療】

ステロイドの薬剤を使ったり、歯科用金属によるアレルギーが疑われる場合は、原因と思われる詰め物や冠をとる必要があります。

白板症(はくばんしょう)

白板症とは、口腔粘膜に生じたこすってもとれない白斑状の病変で、前癌病変の一種です。白板症のうち、約10%が癌化すると言われています。
発症部位としては、歯茎や舌、頬粘膜、口唇などに生じます。痛みを伴うものは少ないですが、痛みのあるものは要注意です。まれに初期の癌であることもあるので、生検検査が必要なこともあります。

フラップオペ(歯肉剥離掻爬術)

フラップオペとは歯周病の治療法のひとつで、プラークコントロールや歯石の除去等の初期治療を行っても症状が改善しない部分に対して行う歯周外科手術のことです。

親知らずの抜歯

親知らずは一般的には、上下左右計4本ありますが、もともと親知らずの無い人もいます。親知らずは生えてくる場所が不足している、または生える方向が通常と異なるために、頭の一部しか見えていなかったり、埋まったままの状態だったりします。
親知らずは歯肉に部分的に被ったままになることにより不潔になりやすく、歯肉の炎症を起こしやすい状態(智歯周囲炎)となってしまいます。智歯周囲炎が周囲の筋肉や骨に広がると顔が腫れたり、口が開きにくくなったりすることがあります。この場合は、抗菌薬や消炎鎮痛薬の投与によって炎症を鎮めた後、抜歯することが適当と考えられます。
親知らずだから全て抜くというのではなく、正常に生えて機能している場合や、手前の奥歯などが抜けてしまってない場合などはその部分を補うためのブリッジや入れ歯の土台に利用できるため、残しておいた方が良いこともあります。 
親知らずを抜歯した方が良いかどうかについてはご相談ください。

レーザー治療

外科手術にレーザーを使用しています。
従来の治療に比べ治りが早く、痛みが少ない炭酸ガスレーザー(オペレーザー)を導入しています。
レーザー治療は、外科手術だけでなく、様々な症状に適応可能です。虫歯治療、知覚過敏症、口内炎治療、根管治療(神経の治療)、親知らずの腫れや痛み、歯周病治療、メラニン除去(歯ぐきの黒ずみ)、抜歯後の止血・殺菌、インプラント治療、顎関節症(あごの関節が痛む方)などの治療に大活躍しています。
出血もほとんどなく傷あとも残りにくいほか、治りも早く、治療後の痛みもほとんどありません。

宮崎県歯科医師会

スタッフブログ

スタッフブログ

えんりん歯科クリニック